Photographsky

《旧》写真:椎木広 ブログ 「新サイト・ブログに移行しました」
<< 2013 | main | 降雪 >>
国立京都国際会館 | 設計:大谷幸夫

国立京都国際会館

建築家・大谷幸夫氏の訃報が入ってきた。氏の作品の一つが、この国立京都国際会館(1966年)だ。またの名を六甲山防衛センター。ん? ウルトラセブン「ウルトラ警備隊西へ(第14話、15話)」において、その設定で登場している建物である。当時における未来的な造形を持つなかなかインパクトのある建物だ。内部も魅力的な様子だが、残念ながら普段、一般者は入場することができない。かわりに定期的に見学日がある模様。

ここには二度訪れているが、一度は地下鉄国際会館駅に到着時すでに夕暮れで、隣接する宝ケ池を足早に一周してみるつもりが、途中でほぼ真っ暗になってしまった経験がある。ここらへんは緑が多いというよりは山中の印象に近く、暗くなるとかなり寂しい雰囲気だった記憶がある。明るい内は散策やジョギングなどのコースとして楽しまれている様子だった。

国立京都国際会館

※ 写真はいずれも2012年11月、京都に訪れた際に撮影

| 旅へ | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://photographsky.jugem.jp/trackback/112
トラックバック